製品情報

New Fenton(AOP)装置

New Fentonは、連続的にOHラジカル(ヒドロキシラジカル)を生成し、有機物を酸化・分解できる排水処理向け促進酸化処理技術(AOP)です。

電解技術を用いたフェントン反応により、次亜塩素酸と鉄(II)イオンは循環して再利用されるため、汚泥が発生せず、産業廃棄物の削減が可能です。

また、電解反応のため、従来では難しかった反応制御が容易・高精度におこなうことができます。排水のCOD対策、水質汚濁防止法の排出基準にお困りの方に最適であります。

特徴としては、COD対策の活性炭不要でランニングコストを低減、処理中に液性状をモニタリングしながらフィードバックコントロールが可能、過酸化水素、次亜塩素酸などの取り扱いに注意が必要な薬品を使用しません。

尚、本技術は、龍谷大学と共願で、特許を取得(特許第4966928号)済であります。



製品に関するお問い合わせ  岡山事業所 環境水処理営業部 TEL 0863-71-3625