CSR

CSR・コンプライアンス委員会活動等の概要

私たちデノラ・ペルメレック株式会社では、コンプライアンスは勿論、企業倫理、CSR活動といった取組みを重視しています。日常業務とは何か異質で特別なものではなく、むしろ日常業務の中にこれら取組みが自然に取り込まれるような定常的な仕組み・PDCA的プロセスを目指しています。以下に幾つかの例をご紹介致します。

  • (1)常設のCSR・コンプライアンス委員会の設置
  • CSR活動の推進、コンプライアンスの遵守を確実に機能させるため、取締役を委員長とし、基幹職ならびに一般職の双方から選抜した複数のメンバーで構成するCSR・コンプライアンス委員会を設置しています。当社には以前からコンプライアンス委員会がありましたが、CSRを加えた委員会としたことで、人権、労働、環境等極めて広範にわたり、一元的に取組む体制が整いました。

  • (2)CSR・コンプライアンス体制の推進
  • 顧問弁護士など社外の専門家とも連携し、CSR・コンプライアンス体制の運用ならびに改善、CSR・コンプライアンスに関する指導、調査、社員研修などの啓発活動を行うとともに、定期的にCSR・コンプライアンス委員会を開催します。

  • (3)マニュアル等の規程の整備
  • CSR・コンプライアンスに関する社内規程が策定、整備されています。

  • (4)内部通報制度
  • 従業員等内部者からCSR・コンプライアンスに関する問い合わせ、相談、通報などを受け付ける内部相談窓口を社内外に設置しています。なお、対象としている通報者は制度上、当社の役員・従業員(出向・契約・派遣社員を含む)のみならず取引先(過去を含む)の役員・従業員等も含みますが、特に取引先様等外部から通制受付制度の具体化が不足しており、周知活動不足も相俟って、十分な制度活用がみられません。匿名による通報受付、通報受付の規程明文化・手続き整備を急ぎます。

  • (5)社員への教育、啓発活動
  • 定期的、継続的な研修を実施し、社員へのCSR・コンプライアンスの浸透と意識の向上を図っています。

  • (6)グループ会社のCSR・コンプライアンス
  • 当社が議決権を有するグループ会社においても、当社に準じたCSR・コンプライアンス体制を構築し共に取組んでいます。

ページトップへ