CSR

基本方針

私たちデノラ・ペルメレック株式会社は2015年9月、「De Nora」ブランドを掲げることになった商号変更を契機にデノラ・グループの一員として、企業の社会的責任への取組みを一層強化し、社会の持続的発展に貢献するよう取り組んでいるところです。
コンプライアンスが利益に優先するべきことは当然、企業が果たすべき社会的責任への期待感の一層の高まりを背景に、労働基本権・取引論理・健康安全・環境への取組みを一層強化していかなければ、私たち自身も持続可能性を持ち得ないという認識のもと、関係する各種社内規程等を更新しその全従業員への浸透に努力を重ねています。
尤もこれら取組は私共一人でなし得るものではなく、お取引先様各位(サプライヤー)のご協力が不可欠です。各種取引、なかでもとりわけ調達活動は私たちCSRの中核の一つをなすものです。そのような観点から今般デノラ・グループ共通の規範として「サプライヤー倫理規定」を定めることになりました。ここでは私たちと取引する際に尊重し遵守をして頂く最低限の基準及び取引等について定めており、全てのサプライヤー各位に遵守をお願いして参ります。
(*) 100%子会社であるデノラ・ペルメレック・DSE製造株式会社とデノラ・ペルメレック・テクノサービス株式会社の2社を含みます。

門戸開放・公正な取引


私たちは、国内・海外を問わず全てのサプライヤーに門戸を開き、公正・公平な取引に努めています。サプライヤー選定にあたっては、相互信頼に基づく共存・共栄を目指す事を前提とし、「サプライヤー倫理規定」遵守をお約束頂ける方々のなかで、品質、技術力、価格、納期、経営状況等を公正な基準で評価するものとし、総合的に評価の高いサプライヤーから優先的に調達することを基本方針としています。

法令及び企業倫理の遵守のお願い


私たちは以下のような基本理念に従って日々業務にあたります。サプライヤー各位におかれましても上記「サプライヤー倫理規定」の内容に留まらず、下記と同様の理念に立脚し、法令及び企業倫理の遵守を継続してくださいますようご協力・ご対応をお願い致します。

-環境に配慮した製品・サービスの提供
水素社会構築の一翼を担う事業/排水処理事業/貴金属の電解採取等、環境に貢献する製品等の開発に一層傾注します。

-知的財産権の保護
当社の知的財産権を保護/活用するとともに,他者の知的財産権を尊重します。

-個人情報の保護
業務上必要な個人情報については,利用目的を明示して適正な方法により収集します。業務上知り得た個人情報については,徹底した管理を行います。

-情報管理の徹底
在職中/退職後を問わず,業務遂行上知り得た情報で未公表の情報,サプライヤー各位その役員・従業員に関する情報などを開示,漏洩しません。

-公正・公平な取引のための社内教育
公正・公平な取引のため、当社の調達業務担当者に対し独占禁止法/不正競争防止法/下請代金支払遅延等防止法等の重要法令/諸規則の学習/講習を随時実施します。

-反社会的勢力に対する対応
社会の秩序/安全に脅威を与える反社会的な団体/個人とは毅然とした態度で臨み、関係を持ちません。

-贈答と接待
役員/従業員は,社会通念上の常識の範囲を超えるサプライヤー各位からの贈物/接待は受けません。私たちが贈物/接待する場合も同じです。

-公私のけじめ
公私の区別に留意して行動します。業務時間内における私的な行為は極力控え,会社財産のみならず公金等分別財産・預かり金の目的外使用は厳格に禁止し、違反行為には厳正に対処します。

-誠実なコミュニケーション
コミュニケーション活動を行う場合,誠実に対応します。他者を誹謗中傷したり,個人の尊厳を傷つけるような表現は行いません。

-個人の尊重
共に働く仲間一人ひとりの人格/個性/プライバシーを尊重します。当社が保有する従業員の個人情報は,法令上の例外/正当な業務上の必要性がない限り,本人の同意がなければ,開示しません。

-性別等による差別の禁止
従業員等を性別・年齢・人種・思想・信条・宗教・身体障害・出身地・国籍等に基づく差別をしません。採用活動時も同様です。職場における暴力的行為/暴言/性的嫌がらせその他これに類する行為を容認しません。

ページトップへ